読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻辣刀削麺これくしょん -麻これ-

ブログタイトル変えました。辛くて痺れる麺料理、麻辣刀削麺を食べた記録をつけています。「麻(痺れ)」「辣(辛さ)」「麺」「野菜」の4項目を記載していますが、あくまで主観的な印象です。記事にしている麻辣刀削麺はみんなおいしいです。

2017/1/24 陳家私菜 五反田店

f:id:osmhtnk:20170124190037j:plain

元祖・麻辣刀削麺 中辛 大盛り ¥900(¥800+¥100)

  • 麻(痺れ)…確実な痺れ
  • 辣(辛さ)…ちょうどいい感じの刺激的な辛さ
  • 麺…気持ちやわめ
  • 野菜…パクチーともやし

昼は全く麻辣刀削麺が食べられなかったので、夜に五反田の「陳家私菜 五反田店」。

前回の反省を踏まえて辛さは真ん中の「辛い(中辛)」を選択したところ大正解。美味しく食べられる刺激的な辣(辛さ)。麻(痺れ)も確実に感じられて口の中で麻(痺れ)と辣(辛さ)が爆発している感じ。

そして今回一番びっくりしたのがスープ。出汁と胡麻がしっかり前面に出ていて「ミルキー」という形容詞が思い浮かんだほどのコク。これまで食べたものとはまた美味しさが堪能できた。

やややわ目でボリュームたっぷりの麺を食べ進めると現れはじめるひき肉も相変わらず美味。辛い腸詰を食べているような満足感。

麻(痺れ)と辣(辛さ)、そしてスープのインパクトがすごかったためか、食後に「パクチー入ってたっけ?」と思ったけど、トータルで最高クラスに大満足。

陳家私菜は都内にたくさんあるのでもっと積極的に回ってみなければと感じた一杯でした。

 

 

食べログリンク

https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13050281/