読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻辣刀削麺を食べる

辛くて痺れる麺料理、麻辣刀削麺を食べた記録をつけています。「麻(痺れ)」「辣(辛さ)」「麺」「野菜」の4項目を記載していますが、あくまで主観的な印象です。記事にしている麻辣刀削麺はみんなおいしいです。

2016/12/8 陳家私菜 五反田店

陳家私菜

f:id:osmhtnk:20161208132805j:plain

元祖・麻辣刀削麺 激辛 大盛り ¥780(ランチタイムは特盛まで値段変わらず)

  • 麻(痺れ)…ほんのり痺れ
  • 辣(辛さ)…刺さる辛さ
  • 麺…割と大ぶりでモチモチ
  • 野菜…パクチーともやし(パクチーは注文時に入れるかどうか聞かれる)

都合でいつもの西安飯荘に行けなかったので同じく五反田の「陳家私菜 五反田店」

辛さが「普通」「辛口」「激辛」から選択可能。以前、「普通」を選んで物足りなかったので「激辛」を選択したら本当に辛かった。

わずかに麻(痺れ)を感じるがそれを打ち消す強烈な辛さ。辛さの中にもスープの旨味が感じられるのはすごい。そしてひき肉がこれまた肉々しさと香辛料とあいまってなんともおいしい。

麺は食べ応えばっちりのモチモチの食感で人気店なのも納得。辣(辛さ)からわずかに存在を見せるパクチーも絶妙。もやしもシャッキリしてて以前よりも美味しく感じられた。

けど個人的には辛すぎた。今回は選択ミス、「辛口」がベストなのかな。

麻辣刀削麺の唐辛子って丸ごとスープに浮かんでるパターンが多いけど、ここはクラッシュされた唐辛子なので辛さ回避できないのも辛さの選択ミスに拍車をかけた。

辛いの得意な人には「激辛」最高だろうけど、個人的にはなんとか食べられるギリギリの辛さだった。自分の選択ミス以外は文句なしにおいしいので次回は「辛口」で。

 

 

食べログリンク

https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13050281/